1. ホーム  |  
  2. 生徒の活躍

生徒の活躍

出版・入選

入選のお知らせ ……濱野みどりさんが『白いショールーム』で阿刀田高のTO-BE小説工房佳作入選
入選のお知らせ ……小野正之さんが『甦った古里』で春日井市掌編自分史全国公入選
入選のお知らせ ……望月清美さんが『歌への夢を追いかけて』で春日井市掌編自分史全国公入選
入選のお知らせ ……志村玲子さんが『幸せの種』で春日井市掌編自分史全国公入選
出版のお知らせ ……深作秀春さんが著書『やってはいけない目の治療』発売。
入選のお知らせ ……国母仁さんが宇都宮市民芸術祭文芸部門佳作入選
入選のお知らせ ……国母仁さんが栃木県芸術文芸奨励賞入選
入選のお知らせ ……小島ひろ子さんが文芸思潮入選
入選のお知らせ ……金澤文衛さんが春日井市掌編自分史全国公入選
入選のお知らせ ……小野正之さんが春日井市掌編自分史全国公入選
入選のお知らせ ……横関房枝さんが春日井市掌編自分史全国公入選
入選のお知らせ ……島田嘉子さんが春日井市掌編自分史全国公入選

今後東京作家大学への入学を検討される方に、生徒からのメッセージ

基本の「キ」から、応用まで、楽しく学べます。
 実習が多いので、「書く」ことに慣れてきます。
 とにかく、「書く」「書いてみる」ことで、レベルアップすること請け合いです。


文章を書くにおいての基本や作家になるためのまわりの状況を知っておくために良い場所です。
 個人ではなかなか独学できない内容です。


作家ということに捉われず、言葉や自分と向き合う1つのきっかけとして考えられる場所です。


プロを目指す目指さないにこだわらず、何事にもチャレンジしてみると良いと思います。
 文章を書くということは自分と向き合う良い時間でした。
 また、先生方から頂くさりげない言葉が心のエッセンスとなり、時には自分の応援歌となりました。
 これこそが学びだと思います。


具体的な物の書き方が効率的に学べます。


経験豊富な講師陣による充実した講義と演習作に対する書評に加え、事務局の行き届いたフォローで楽しく学んでいます。
 ユニークな先生方の話を聴くだけでも、これまでにない体験ができて楽しいですよ。


文章を書こう、書きたい!という志の高い方が多く、他の方が書かれた作品を読めることも刺激になります。
 また、自分の書いたものに、先生方が必ずコメントをつけてくださるので励みになります。
 迷っているのでしたら、まずは1年、受講してみてはいかがでしょうか。


趣味を超えたある程度の覚悟をもって入学すれば、得るものもそれだけ大きいと思います。


講義を受けるだけでなく、書くチャンスを生かしていきましょう。
 執筆した作品や賞への応募作品を批評、指導してもらえるシステムがあるので、積極的に作品を提出しましょう!
 一人で書いているときには得られない「他社の目」を意識して文章を書くことがプロへの道につながると思います。