東京作家大学特別講義

東京作家大学ではプロの作家・脚本家・劇作家・プロデューサーの方をお招きして、受講生に向けて年に数回「特別講義」を実施し、独自の書き方、書き続け方の手法をお話しいただいています。

2019年度、次回の特別講義には、芥川賞作家の吉村萬壱先生にお越し頂きます。

【吉村萬壱】(よしむらまんいち)
東京、大阪の高校、支援学校教諭を経て専業作家に。2001年『クチュクチュバーン』で第92回文學界新人賞、2003年「ハリガネムシ」で第129回芥川賞、2016年『臣女』で第22回島清恋愛文学賞を受賞。他に『バースト・ゾーン』『ヤイトスエッド』『ボラード病』『虚ろまんてぃっく』『回遊人』など著書多数。

前回は、「志駕晃先生」にお話いただきました。

 志駕 晃(しが あきら)
1963年生まれ。明治大学商学部卒。大学時代は漫画研究会に所属。卒業後はニッポン放送に勤務し、ウッチャンナンチャン、中居正広、ドリアン助川などの番組を手掛ける。
「スマホを落としただけなのに」が第15回「このミステリーがすごい!」大賞・隠し玉となり、小説家デビュー。
同作品は北川景子の主演で映画化され、続編とともに累計67万部を突破。
他に「あなたもスマホに殺される」(角川文庫)などの作品がある。

【東京作家大学過去の特別講義】
平成27年度 特別講義講師:浅田次郎(作家)難波利三(作家)川地民生(俳優)
平成28年度 特別講義講師:内館牧子(作家/脚本家)宝田明(俳優/作家)長嶋有(作家)
平成29年度 特別講義講師:川上未映子(作家)村田沙耶香(作家)夏目房之介(コラムニスト/大学教授)
平成30年度 特別講義講師:滝口悠生(作家)渡辺えり(女優/演出家/劇作家)今野勉(作家/プロデューサー)
平成31年度 特別講義講師:志駕晃(作家/放送作家)

 

 

体験授業・説明会

北阪昌人脚本セミナー/個別相談
【無料・要予約】随時、日時要相談~11/16まで (月~土13時~/日祝休)
自分史制作コース/個別相談
【無料・要予約】随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
漫画原作コース/個別相談
【無料・要予約】随時、日時要相談~11/16まで (月~土13時~/日祝休)

総合コース/体験授業・説明会
2020年度5月生の募集・無料体験授業受付は、来年1月頃開始の予定です。

ご予約はこちらから

  • コラム
  • 東京作家大学のtwitter
  • 東京作家大学のfacebook