東京作家大学ブログ

2019年度第40回BKラジオドラマ脚本賞 佳作受賞!

2019.11.13

その他

《受賞のお知らせ》 北阪昌人ラジオドラマ脚本セミナー受講生が、
NHK大阪放送局(BK)主催の「2019年度第40回BKラジオドラマ脚本賞」で
佳作を受賞されました!

八田明子さんおめでとうございます❕

八田 明子(はった あきこ)

東京都出身、横浜市在住。
フェリス女学院短期大学家政科卒。
平成26年度 橋田賞新人脚本賞佳作。平成29年度 第1回北杜市シナリオコンクール佳作。
令和元年 ラジオドラマ「広島もみじまんじゅう物語」最優秀賞。

『六甲おろしの子守唄』講評

 看護師で、過酷な日々を送る国枝美幸(34)。仕事はできるが、患者の気持ちにより添えず、恋人との結婚にも踏み切れないでいた。それは幼いころ両親が離婚し、温かい家庭の記憶がないせいだと、だらしない父・西村彰(67)を憎み、嫌っていた。
ある日母・国枝千秋(65)からの突然の電話で、父が危ない状態で、自分に会いたがっていることを知る。すでに再婚し、別の家族がいる千秋のことばに冷たさを感じ、複雑な気持ちを抱く幸。幸は、なくなる前に、彰にどうしても会いたかった。
病院に駆けつけた幸は、いつ命が消えてもおかしくない、老いて弱った彰と再会する。彰との記憶がない幸は、当たり障りのない会話をする彰にいらだち、爆発する。離婚後、一人親家庭に暮らし不安だった子供のころ、早く独り立ちしたくて悩んだこと、何もなかったように、勝手に天国に旅立とうとしている彰に、これまで心にしまってきた、怒りをはき出しぶつける。母から呪文のように聞かされてきた「だらしないお父さん」を自分で確かめ、「本当にお父さんはだらしなくて大嫌いだったと思いたい!」そう告げる幸に、彰は語り始める。
幸の知らなかった母の恋。母に背を向けられるのを恐れ、卑屈になり逃げ出した父。待ち続けた母。すれ違ってしまった父と母の昔の話を聞き、「みんな、いろいろあったんだね」と幸が受け止めたとき、息を引き取る彰。「葬儀はしなくてもいい。火葬場まで、六甲おろしを流してくれ」トラキチだった父の望むように、一人で弔うことを決める幸。トラキチ仲間に頼まれ、途中父を乗せた寝台車は甲子園球場に立ち寄る。球場前で、はっぴをまとった初老のドラキチ仲間が、旗を振り、ジェット風船を飛ばしながら六甲おろしを歌う。目を閉じる幸のまぶたに、幼いころ父と過ごしたスタンドでの幸せな時間がよみがえる。父を送った幸は、そろそろ結婚してもいいかな、と前を向く。

 長い間生き別れになっていた娘と父。その縮まりそうで縮まらない微妙な関係を、絶妙なタッチで描いている。しかし後半の主人公の感情描写を、モノローグのみで表現したことに関してはマイナス意見が多かった。

最新の記事
新型コロナウィルス感染の影響で、4/11までの講義休講と振替授業のお知らせ
冨川元文先生 2020.3.14
西脇英夫先生 2020.3.14
北阪先生 2020.3.13
月別アーカイブ
カテゴリー
その他

体験授業・説明会

渋谷本校

総合コース/体験授業・説明会
4月23日(木)13:30、19:00/
4月25日(土)10:30
脚本セミナー/体験授業・説明会
5月 8日(金)18:45/
5月 9日(土)10:00/
5月22日(金)18:45/
5月23日(土)10:00
自分史制作コース/個別相談
随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)

横浜校

総合コース/体験授業・説明会
4月22日(水)14:30、19:00/
4月25日(土)15:30

大宮校

総合コース/体験授業・説明会
4月21日(火)14:30、19:00

ご予約はこちらから

  • 横浜校開校
  • 大宮校開校
  • ブログ
  • 東京作家大学のtwitter