お知らせ

【入選・出版のお知らせ】赤神諒さんが『義と愛と』で第9回日経小説大賞を受賞し、作家デビューが決まりました。

2018/01/05

受賞入賞

東京作家大学1期生の赤神諒さんが『義と愛と』で第9回日経小説大賞を受賞し、作家デビューが決まりました。

詳細はこちら
・第9回日経小説大賞に赤神氏の「義と愛と」

■作家デビューが決まった赤神諒さんから
来年度受講生の皆様へ
 初めまして、一期の赤神諒と申します。
  私は受賞まで大小数十回の落選を経験しました。特に最終で落とされる打撃ははかり知れないのですが、そのころには次の作品がすでに完成に近づいているので、めげません。
落選しても作品を取り上げられるわけではない。野球でもテニスでも何千回と素振りをするように、執筆も質より量だと考え、実行しました。そう決意したのはちょうどこの大学に入学したころです。以来、毎日のノルマを決めて3年余りで300万字以上書きました。
ふり返ってみて正解だったと思います。
当たり前ですが、小説は自分以外、誰も書いてはくれません。
ひたすら書き続けながら、プロの先生方の書き方、心構えなどを貪欲に盗み、生かしていけば、試行錯誤の中で自分に合った執筆スタイルを確立できるはずです。
小説執筆は愉しいけれど、ひたすらに孤独でつらい作業です。それでも書くのは、自分の満足できる小説を書き上げ、ひとつの世界を作り上げられたとき、その達成感がたまらないからです。神様になった気分だという作家もいますね。もし未体験の方はぜひ一度味わってみて下さい。麻薬のように執筆がやめられなくなりますから。
 皆様のご健闘を祈ります。
赤神 諒

最新の記事
夏季休暇の日程は8/11(日)~8/18(日)です
ラジオドラマ「広島もみじまんじゅう物語」最優秀賞受賞
北阪昌人ラジオドラマ脚本セミナー受講生のプロデビュー作品
LINEまんが大賞インディーズ部門 奨励賞 受賞
月別アーカイブ
カテゴリー
イベント
お知らせ
受賞入賞
メディア

体験授業・説明会

自分史制作コース/個別説明
【無料・要予約】随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
総合コース/体験授業・説明会
2019年度の生徒募集は終了いたしました。2020年度の募集は、1月頃開始の予定です。
オープンカレッジ/体験授業・説明会
オープンカレッジ(ラジオドラマ脚本/テレビドラマ脚本/漫画原作)の募集は終了しました。次回は秋開講の予定です。

ご予約はこちらから

  • コラム
  • 東京作家大学のtwitter
  • 東京作家大学のfacebook