講師紹介

島 敏光

担当コース
総合コース、専門コース、大学院

メッセージ

いい文章って何でしょう?
約束ごとは簡単に覚えることが可能で、細かいテクニックもすぐに身にくはずです。
ところがそれだけでいい文章は生まれません。
自分の書きたいことを書けばいいのか、他人が読みたがるものを模索すべきか、そこが悩みどころです。ものを書く作業、特にエッセイでは、主観と客観のさじ加減が重要になります。
第三の目を育て、自分なりの文章のツボを見付けてほしいですね。
その時、人生は確実に変わります。

プロフィール

1949年生まれ。ミュージシャン・エッセイスト。ジャズシンガー笈田敏夫の長男。叔父は映画監督の黒澤明、いとこに黒澤久雄がいる。叔父 黒澤明監督の日常を描いた「黒澤明のいる風景」が好評を博し、「ビートでジャンプ」(共に新潮社)、「映画で甦るオールディーズ&プログラム・コレクション」(音楽出版社)、「六本木ケントス物語」(扶桑社)等、音楽、映画関連作品を次々と手掛ける。
司会、ナレーション、エッセイ等を続ける傍ら、テレビ映画情報番組を構成。新聞、雑誌等で映画評論を続ける。栃木・蔵の街かど映画祭審査委員長。日本経済新聞に映画と音楽のコラムを連載中。

担当コース
総合コース
専門コース
大学院
漫画原作コース
ラジオドラマ脚本セミナー
テレビドラマ脚本セミナー

体験授業・説明会

自分史制作コース/個別説明
【無料・要予約】随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
総合コース/体験授業・説明会
2019年度の生徒募集は終了いたしました。2020年度の募集は、1月頃開始の予定です。
オープンカレッジ/体験授業・説明会
オープンカレッジ(ラジオドラマ脚本/テレビドラマ脚本/漫画原作)の募集は終了しました。次回は秋開講の予定です。

ご予約はこちらから

  • コラム
  • 東京作家大学のtwitter
  • 東京作家大学のfacebook