受講生の作品

じいさまの寝酒

中野和宏
総合コース
4期生(2018年度)
性別:男性

月刊「たる」2018年10月号33話

祖父は明治末期生まれの元海軍の軍人だ。

私が小さい頃から、「太陽と北極星の正確な天測が無事に航海を続ける基本だ。夜間航海では北極星を見つけろ。それを見つければ、自分のいる場所はおおよそ分かる」とことあるごとに言っては私を海に連れ出して、自分たちの乗ったヨットの位置を天測させられた。

私が十六歳になった時、「お前も大人の仲間入りをしたのだから、自分の北極星を早く見つけろ。自分の中に基軸となる北極星をしっかり持て」ピシリと祖父は私に告げた。

自分の人生で、進むべき道に悩んだ時には、祖父の言葉を思い出し、自分の北極星の位置を確認し、先に進むべき海路——とても険しい海路で難破しそうになったことも多々あったけれど――を決めてきた。

この頑固な祖父の楽しみは、寝入り前に飲む一杯の冷や酒だ。長年愛用してきた——母によるとどうも祖母が贈ったものらしい—―伊万里焼の陶製グラスに、お気に入りの冷たい日本酒を並々と注ぎ入れ、嫉妬するほど美しい立ち姿で、一気にツゥーと飲み干して、

「ああ、うまい。どうもありがとさん」と言って布団に入る。

私は東京の大学への進学と共に実家を離れ、そのまま就職、結婚して、実家に帰ることは年に二~三回程度だ。

ある年のお盆に帰省した際、祖母が寝る前の酒を一杯飲んだ後、そうか、めずらしいな、お前も今日は飲むのか、と何やら独り言を言って、愛用の伊万里の陶製グラスに半分ほど冷や酒を注いで、テーブルの上に置き、しばらくそのグラスを眺めた後、

おいしいか? それは、よかった、 と嬉しそうに言って布団に入った。

「じいさま、ちょっとぼけてきたのかな?」と私が言うと、「もうすぐ九十歳だからね」と母親が笑った。

次の朝、昨夜テーブルに置いた陶製グラスの中の酒は無くなっていた。

ああ、そうか、昨夜祖父は亡くなった祖母とお酒を飲んでいたのか、と一つの陶製グラスで仲良くお酒を飲んでいるふたりの姿が鮮明に浮かび上がった。

作品種類
ラジオ放送作
雑誌掲載作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
ラジオドラマ
ショートストーリー
小説
エッセイ
   

体験授業・説明会

渋谷本校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度入学説明会は終了しました
ラジオドラマ脚本セミナー/体験授業
体験授業・説明会のご予約受付中!!
自分史制作コース/個別相談
随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
※受講相談は電話での対応となります。

大宮校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度入学説明会は終了しました

ご予約はこちらから

  • 東京作家大学のWEB講座 東京作家大学の作家養成講座がオンラインで学べるようになりました。
  • 横浜校開校
  • 大宮校開校
  • ブログ
  • 東京作家大学のtwitter