受講生の作品

名もなきメンバー表

和田海作
専門コース
4期生(2018年度)
性別:男性

月刊「たる」2019年10月号45話

野太い笑い声が部屋じゅうに響きわたる。

壁時計の針が、てっぺんで一つに重なり、昔話に花が咲く。

「躓いたところに背負い投げって」

「そうそう、よいしょ、だっけか?気合いの声出した瞬間、投げられちゃってよお」

「お前ら、それ三十年前の話」

荒井のツッコミにも僕は黙って頷き、ただ笑い声をあげる。

高校の柔道部員は全部で六人。一年に一度、必ず集まった。そして酔いがまわる頃、いつも同じ話で盛り上がった。

最後の大会の結果は地区予選一回戦負け。主将で大将の荒木が呆気なく負けた。

当時流した悔し涙も、いまでは笑い涙に変わっている。

目の前の荒木は、腹も出て結婚指輪も肉に食い込むただのおじさん。

「風間に夢を託そうぜ」

呂律の回らない大声で、荒木が拳を突き上げる。それに続く四人の仲間たち。

壮行会という名目で、臨時同窓会が開かれた。僕が顧問を務める公立高校柔道部、つまり僕たちの母校が創立以来初となる全国大会出場を決めた。

「だけど、なんで柔道続けてるんだよ」

荒木が真剣な目で僕を見つめる。

「風間がこんな柔道好きだったなんてな」

他のメンバーも、口々に意外だと煽る。

「なんとなく、だよ」

彼らの言う通りだ。僕は柔道が好きなわけではなかった。

あの日、交わされたメンバー表は、今でも大切に持ち歩いている。財布が変わっても、お守り代わりにずっとそばに置いておいた。

先鋒:立花、次鋒:石川、中堅:大屋、副将:塩田、大将:荒木。

何度も確認した。何度も何度も確認した。

けれど、僕の名前はどこにもなかった。

悔しさは遅れてやってきた。気がつけば、高校で辞めるはずだった柔道を続けていた。

「よいしょー!」

威勢のよい乾杯とともに、六つのグラスが一つの輪になった。

作品種類
ラジオ放送作
雑誌掲載作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
ラジオドラマ
ショートストーリー
小説
エッセイ
   

体験授業・説明会

渋谷本校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度説明会・授業見学開催中!
自分史制作コース/個別相談
随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
※受講相談は電話での対応となります。

大宮校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度説明会・授業見学開催中!

ご予約はこちらから

  • 東京作家大学のWEB講座 東京作家大学の作家養成講座がオンラインで学べるようになりました。
  • 横浜校開校
  • 大宮校開校
  • ブログ
  • 東京作家大学のtwitter