受講生の作品

夏祭りと電球ソーダの輝き

齋藤 嵩歩
総合コース専門コース漫画原作コース
3期生(2017年度)
性別:男性

月刊「たる」2017年12月号23話

 夏祭りなんてすっかり忘れてしまっていた。
今日もぶらつこうかと、隣駅に行く電車に乗るといつもはガラリとした電車はすし詰めになった人々であふれかえり「あぁ…今日は祭りの日だっけ」と普段着で来てしまった恥ずかしさから入口付近のポールにもたれながら電車に揺られていた。
 仕方なくいつもの店でなく屋台でビールを頼み飲んでいると「高志先輩?」と声を掛けられ顔をあげると女性が立っていた。「えと…どこかで
会った事が…」と記憶を巡らしていると「私ですよ!私!高校の部活で後輩だった咲ですよ!もう、忘れちゃったんですか?」と隣に腰を下ろした。
 思わぬ再開の思い出話に花を咲かせていると「あ、そろそろ行かなきゃ!先輩、神輿引き見ます?また会いましょう」と言い去っていった。
 咲は高校時代の陸上部の後輩で、同じ種目ということもあり自然と仲良くなり、告白されたけど結局付き合うことはなかった。理由を考えても思い出せない。なんでだっけか。あれから十年も経っているのだから。もうお互い忘れてしまったのかなと、ドキドキした気持ちを抱えながら、神輿引きの時間まで待つ事を決めた。
 最後の神輿引きが始まる時間に広場に行くと、いた、咲ちゃんだ。「よう、来たよ」と話しかけると相変わらずまぶしい笑顔を見せてくれた。「咲ちゃん…あのさ」と言いかけた瞬間、「あの神輿を引いてる、あの人!彼氏なんですよ。今秋、結婚するんです。」と思いもしない告白を受けた。「え…おおっ!そうなのか!おめでとう」としか言えなかった。そのあと酔い覚ましで咲ちゃんが奢ってくれた電球ソーダを言いきれなった想いと一緒に飲み込んだ。途端に咲ちゃんとの言い知れない溝を深く感じた。
 「もうそろそろ、帰らないと…」と言うと、咲ちゃんは変わらない笑顔で「はいこれ!先輩と会えてよかったです!先輩、昔のまんまですね。」と空いた電球ソーダを渡して手を握ってきた。
 帰りの電車に揺られながら鞄の中でピカピカと

作品種類
雑誌掲載作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
小説
   

体験授業・説明会

オープンカレッジ/体験授業・説明会
【無料・要予約】9月20・21日/北阪昌人ラジオドラマ脚本セミナー体験授業・説明会。
実際の授業を体験頂けるチャンスは、この回のみ!是非、お申込み下さい。
自分史制作コース/個別説明
【無料・要予約】随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
総合コース/体験授業・説明会
2019年度の生徒募集は終了いたしました。2020年度の募集は、1月頃開始の予定です。

ご予約はこちらから

  • コラム
  • 東京作家大学のtwitter
  • 東京作家大学のfacebook