受講生の作品

天燈

あべあきら
大学院コース
1期生(2015年度)
性別:男性

月刊「たる」2019年4月号39話

 アセチレンの匂い、オレンジ色の炎がごうごうと音をたてた。願い事が書かれたランタンが炎を包んで青空高く上がって行く。
 ここは台北市からバスで一時間ほどのところにある十分(じゅうふん)。
 島川久男は勤続二十年の永年祝いとして旅行チケットをもらった。夫婦ペアーチケットである。一緒に来ているのは水沢ひとみ。同棲して六年になるが籍は入れていない。人事担当者は入籍している人じゃないとチケットは渡せないと言ったが、すぐに入籍予定と強引に旅券をもらった。ひとみは三十八歳で子供が欲しいと言っている。久男も父が亡くなった四十二歳になった。父が亡くなった時、母は三十六歳、久男は十歳、妹は八歳だった。  
 父は台湾出張中自動車事故を起こした。ただその亡くなり方がその後ずっと母を苦しめた。事故死した父には若い女性の同乗者がいたのだ。父との関係は分からなかったが、親戚からは色々な事を言われた。おとなしい母が紹興酒の壜を庭の石に叩き付けて割った。久男はその光景が忘れられず大人になってからも紹興酒は飲まなかった。久男がひとみとの入籍をためらっているのも父の影響があるのかも知れない。永年旅行を台湾にしたのは、人生を新しく踏み出したかったからである。
 天燈は赤いビニールに墨汁で願い事を書く。ペアーの二人は四面に二面ずつ書くのだが奮発して二つ買い、四面を一人で書いた。久男は四面の一番先に島川好男のバカヤロウ、次は母さんに謝れ、その次は妹の清江にあやまれと書きなぐった。あとの一面が空白だった。空白を見ていると涙が溢れてきた。そして自分の頭になかった文字が出てきた。おやじ安らかに眠ってくれ。書き終えて天燈を放すと、心がすっきりした。涙と共に心の垢が流されたと思った。
 近くの店で紹興酒を飲んだ。こんなに美味しいものかと久男は初めて思った。ひとみに「なんて書いたの」と聞かれた。
「うん、へんなこと書いちゃった」
「わたしは、家族が増えますようにって」
大空にはたくさんの願いをのせて天燈がぐんぐん上がっている。

作品種類
雑誌掲載作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
小説
   

体験授業・説明会

オープンカレッジ/体験授業・説明会
【無料・要予約】9月20・21日/北阪昌人ラジオドラマ脚本セミナー体験授業・説明会。
実際の授業を体験頂けるチャンスは、この回のみ!是非、お申込み下さい。
自分史制作コース/個別説明
【無料・要予約】随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
総合コース/体験授業・説明会
2019年度の生徒募集は終了いたしました。2020年度の募集は、1月頃開始の予定です。

ご予約はこちらから

  • コラム
  • 東京作家大学のtwitter
  • 東京作家大学のfacebook