受講生の作品

最後の伝令

山根 慶一
総合コース
6期生(2020年度)
性別:男性

月刊「たる」2020年8月号55話

あれだけ激しかった鉄の暴風は、四日前にピタリと止んだ。上原二等兵は、三人の兵に投降を切り出せず、二晩目を迎えていた。

「オイ、だれか、みず、水ねえかよ」

壕の中で、深山上等兵が、首だけで振り返った。ひとりが、眼鏡をゆり上げると、もうひとりは、手洟をかんでため息をついた。

「自分が、(ミジ)、汲みに行くであります」

伝令の任務を、果たせぬまま、居心地の悪い上原は、小さな体を立ち上がらせた。

琉球(リュウキュウ)、てめえ、投降する気だな。えっ」

上原は、鋭敏な(まなじり)でブルブルと首を振り、「(チン)井戸(ガー)を知っとるのは、自分だけでしょ」

と言い切った。上原は、三人の敗残兵の水筒を拾い上げ、肩から襷にかけた。軍帽を目深にかぶり、不動の姿勢で敬礼をすると、堂々と壕を出て行った。

(くさび)に(わ)れた壕口を、唐辛子のような月が、遠くに消えていった。敗残兵の吐く息で、壕内の空気は澱み、自らが発する悪臭さえ、最早、嗅ぎつける余力は残っていなかった。

カツン、カツ、カツン、

水筒の擦れる音が、聞こえた。上原が壕口に入るやいなや、三人は、我先に水筒を奪い取った。水筒を高々とかかげ、溢れ出た水は喉元に潤いを呼び戻した。三人が、ふぅーと深いため息をもらし、(かす)かな落ちつきを見せると、上原は、おもむろに、口をひらいた。

「皆さん、昨日も今日も、投降の呼びかけを聴きましたよね。戦争は、ほんとに終ったのです。自分は、半月前捕虜になりました。自分は、皆さんに投降を促す、最後の伝令にやって来たのです。(サキ)と煙草(タバク)があります

暗がりの中、上原は、両手の酒と煙草を、三人にかざした。三人の敗残者は、ゾロリ、と瞳を光らせ、(ふる)える指先で煙草に手を伸ばした。

赤い、三つの蛍火が明滅する。煙にむせて、目をパチクリさせ、三人は、順繰りに咳込んだ。深山が、上原から酒瓶を受けとると、岩肌に背を凭れかけ、泡盛を口に含んだ。次から次、(わず)かばかりの酒が、三人を忽ち酔わせた。自然と涙がこぼれていた。

三人の敗残者は、しばらく沈思してから、上原のあとを追って壕を這い出した。

作品種類
ラジオ放送作
雑誌掲載作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
ラジオドラマ
ショートストーリー
小説
エッセイ
   

体験授業・説明会

渋谷本校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度入学説明会は終了しました
自分史制作コース/個別相談
随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
※受講相談は電話での対応となります。

大宮校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度入学説明会は終了しました

ご予約はこちらから

  • 東京作家大学のWEB講座 東京作家大学の作家養成講座がオンラインで学べるようになりました。
  • 横浜校開校
  • 大宮校開校
  • ブログ
  • 東京作家大学のtwitter