受講生の作品

ワインとでん六

小穴久美恵
専門コース
5期生(2019年度)
性別:女性

月刊「たる」2020年4月号51話

「やはり、この年はモノが違う。値段だけの価値はあるよ。君もそう思うだろ」

クチュクチュ、シュルシュル、ゴクッ。

ワイングラスをスマートに回しながらテイスティング。高級ワインと逸品料理、それぞれの相性も丁寧に説明してくれる。

四十歳過ぎ、『男無し』の身の上なら、ルックス、経済力共に合格ラインに達していれば、まずはホールド。あわよくば、一度くらいは『人の妻』というステータスをこの手にしたいと願っても罪にはならないだろう。

そんな淡い期待とは裏腹に、『優良物件』に違いない彼と過ごすほどに「本当にこれでいいのか?」ワインのオリのように、そんな気持ちが溜まっていく。楽しくないわけではない。知らない世界も見せてくれる。でも、彼と飲んでも酔えない……

冴えない気分の転換にでもなればと、同級生の集まりに出かけた。

「中野はまだ、一人なんだって」

高木だ。バツイチになったと聞いた。

「俺、こうして飲むのが好きっちゃねぇ」

氷入りのビアジョッキに、安ワインをなみなみと注いだものを持ってすり寄って来る。

方言丸出しで「赤ワインには、これが合うっちゃねぇ」と、もう片方の手にしているのは、なんと! でん六のピーナッツチョコ。

子供の頃、よく食べた懐かしい味だ。

半信半疑で薦められるままに、カリッっと一口、そして、ワインをグビッ。

これは……美味い。でん六のまろやかな甘みと絶妙なハーモニーを奏でるピーナッツの塩味と歯ごたえ。そこに冷え冷えの赤ワインが爽やかに流れ込んでくる。

う~ん。たまらん。

「どう? よかろうもん」トロンとした目の高木がよりかかってくる。

高木、あんたとは無理やけど、このワインとでん六は、すっごくよかよぉ。

密着してくる高木をいなしながら、でん六をカリッと噛んで、名もない冷たいワインをグビッと飲む。

これが身の丈というものか……

ちょっと酔いが回ってきたかも。

作品種類
ラジオ放送作
雑誌掲載作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
ラジオドラマ
ショートストーリー
小説
エッセイ
   

体験授業・説明会

渋谷本校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度説明会・授業見学開催中!
自分史制作コース/個別相談
随時、日時要相談(月~土13時~/日祝休)
※受講相談は電話での対応となります。

大宮校

総合コース/体験授業・説明会
2021年度説明会・授業見学開催中!

ご予約はこちらから

  • 東京作家大学のWEB講座 東京作家大学の作家養成講座がオンラインで学べるようになりました。
  • 横浜校開校
  • 大宮校開校
  • ブログ
  • 東京作家大学のtwitter